緊急事態宣言も解除され、少しずつ街に人が増えてきました。観光地も徐々に人が増えてきています。しかし、海外からの観光客が戻るまでには、まだ時間がかかりそうです。

今回は「こんな今だからこそ取り組むムスリム対応」として、ムスリムのお客様を迎えるために必要なことをお話しいたします。

主な内容は、

・イスラームの基礎知識
・ハラール認証は必要なのか?
・ハラール認証無しでムスリムのお客様を迎えるために必要なこと
・ムスリム向けの情報発信

となります。

ムスリム対応は、取り組んでも成果が出るまで時間がかかります。

外国人の訪日が難しい今から取り組み、実際に日本への渡航ができるようになったとき、しっかりと成果を出せるよう、 具体的な方法をお話しいたします。

ムスリムの人口は、今や世界人口の1/4を超えると言われています。中東だけでなく、東南アジアなど広い地域に広がっています。

彼らの多くは日本に対して良い印象を持っており、 日本に旅行に行ってみたい、という声も沢山いただいておりました。

しかし日本ではムスリム対応が可能な店舗はまだ少なく、旅行に来ても食事やお土産選びなど、不安に思うことも沢山あります。

・イスラム圏からの訪日客に関心のある方
・アフターコロナで 販路拡大を目指したい方
・一部地域からの利用者に依存せず 多くの地域から受け入れをしたいと考えている方

は、ぜひご参加ください。

****************************** *****************************
【日時】2020年7月27日(月)19:00-20:30
【定員】100名(先着順)
【参加費】無料

【申込方法】

こちらのサイト(http://ptix.at/1katD5)参加の申し込みをお願いいたします。その後zoomの招待URLをお送りい たします。

事前に、パソコンやスマートフォンにzoomをインストール、ご利用できるように準備お願いいたします。

【オンラインセミナーの諸注意】

質疑応答まで、マイク・ チャット機能はOFFにてお願いいたします。※カメラON、OFFはご自由にお選びください。

【講師プロフィール】

梶川 佐穂子

行政書士梶川法務事務所代表・申請取次行政書士

一社)関西ムスリムインバウンド推進協議会 代表理事

大阪外国語大学卒業(アラビア語専攻)

2013年行政書士登録し独立開業。

現在は入管業務を中心とした許認可業務を取り扱う。

【主催】
一般社団法人 関西ムスリムインバウンド推進協議会

****************************** *****************************