イスラム教徒(以下、ムスリム)の方は宗教上の理由により豚肉とアルコールを含む食事を取る事が禁じられています。日本でも徐々にその認識が広まってきていますが、よくある誤解が

「ムスリムの方はお肉を食べない」 という誤解。

ムスリムの方ももちろんお肉は食べます。

ただこの食べるお肉はイスラム教のルールに従って屠殺した物である必要があります。

イスラム教の中で「許された、合法的な」という意味の言葉を「ハラール」と言いますが、ムスリムの方は上記のルールに従って屠殺されたお肉をハラールの食材として食べる事が出来ます。

よく食べられるお肉は鶏、牛肉、羊、山羊など。

 

日本ではそういったハラールのお肉を入手しようとするとまだまだ一般的ではない為、専門のハラールフード店に行くか通販で購入される方が多いそうです。(もしくは業務スーパー)

しかしほとんどが冷凍のお肉…やはり冷凍よりも冷蔵の方が新鮮なので在日のムスリムの方からは冷蔵のハラールのお肉を望まれる声が非常に多いです。

 

そんなムスリムの方に朗報。

神戸市の長田区で冷蔵のハラールのお肉を販売するお店が2018年5月についにオープンしました!

早速取材にお伺いさせていただきました。

 

VITTI HALAL FOOD PROCESSORS SASAHARA SHOTEN

お店があるのは神戸市の西に位置する長田区。最寄駅は山陽電車の「高速長田駅」か地下鉄の「長田神社前」になります。

駅から徒歩5分のアクセスの良さも嬉しいですね。

外観

 

1F: 食肉販売コーナー & キッチン
2F: 事務所 (予定)
3F: 礼拝室
屋上: イートインスペース

 

アラビア文字の装飾品があるのでムスリムの方には一目でお店がわかりますね。

 

お肉の種類

スライドショーには JavaScript が必要です。

すごい品揃えですね。

これだけの種類のハラールのお肉が冷蔵で販売されているのは恐らく日本でここだけです。

主婦の方や留学生の方には強い味方。料理によって使われるお肉の種類も異なるのでこれだけのレパートリーがあると重宝しますね。

ラム肉の取り扱いも最近増やされたそうなので日本人にとってもラム肉が身近で購入できるのは嬉しいですね。

 

テイクアウト & イートイン

お店ではお肉の販売のみならずキッチンで調理もしてくれます。

テイクアウトで持って帰る事も出来ますし、建物の4階屋上でイートインも出来ます。

屋上のイートインスペース

 

メニュー

  • 鶏肉の串焼き(6本) SATE AYAM / 750円
  • 牛肉の串焼き(6本) SATE DAGING / 850円
  • マトン肉の串焼き(6本) SATE KAMBING / 900円
  • ビーフカツ(サラダとライス付) BEEF CUTLETS / 900円
  • ビーフミンチカツ(サラダとライス付) MINCE BEEF CUTLETS / 750円
  • マレーシアンチキンカレー KARI AYAM / 680円
  • マレーシアンビーフカレー KARI DAGING / 780円
  • マレーシアンマトンカレー KARI KAMBING / 850円
  • ビーフステーキ(サラダとライス付) BEEF STEAK / 980円
  • 牛丼 JAPANESE RICE BALL, BEEF OVER RICE / 650円
  • 焼肉丼 JAPANESE BEEF BBQ, YAKINIKU OVER RICE / 780円

 

豊富なメニュー。東南アジアの方にはソウルフードでもあるサテがあるのも嬉しいですね。カレーもマレーシアンカレーと特徴的です。ステーキや牛丼まで・・・すごい!!

 

礼拝スペース

建物の3階にはかなり広い礼拝スペースが用意されています。集団で礼拝する事も可能なので喜ばれそうですね。

礼拝マットの貸し出しもあります。

 

ウドゥ設備も完備してあります。

 

オーナー

オーナーのお一人はイタリア人ムスリムの KHALIL JEBAWI さん(左)。

大阪の難波の方でもVitti Halal Cafe & Restaurant Osakaというレストランをされていてムスリムの方が多く利用されています。

もう一人のオーナーはこのお店のすぐ近くで食肉加工卸の会社 ㈱笹原商店をされている京谷洋子社長(右)。

京谷さんは

「日本に留学されているムスリムの方が食べられる物があまり無くて困っているというのをお聞きして何か出来ないかとずっと考えてました。日本で人気の牛丼すら食べられる所がないと聞いて、せめて牛丼だけでも食べられるようになれば…」

という思いからスタートし、セミナーなどでの勉強を重ね、2017年7月に大阪堺市で開催されたムスリムインバウンドEXPO in 大阪 2017にも出展するなど活動をされている中、KHALIL JEBAWI さんとの出会いもあり、今回のお店のオープンに繋がったそうです。

 

お店からすぐ近くには京谷さんが経営されている㈱笹原商店があります。ここでハラールの食肉も加工されるそうです。

 

京谷さんは今回のお店のオープンの為に加工所での豚の取り扱いを止め、マレーシアのJAKIMの検査を受けられ見事審査をクリアーされたそうです。

 

ムスリムからの声

早速ムスリムの留学生がお店の利用に来られており、お肉を買って牛丼をイートインしていました。

「冷蔵のお肉がこんなに沢山あるのは本当に嬉しいです。しかも神戸で!! 早速買っちゃいました!! ご飯も食べられるしオーナーも料理をする人もムスリムなのでとっても安心です。これから通わせてもらいます。友達にも宣伝します!」

と喜びを爆発させていらっしゃいました。

京谷さんの夢描いていた光景がついに実現した瞬間です。

取材させて頂いた私も自分の事のように嬉しく、胸が熱くなりました。

これからは加工品のレパートリーも増やしていかれるそうなのでどんどん多くのムスリムの方に喜んでいただきたいです。

 

 

通販サイト

お肉の通販サイトです。これから商品を充実されていくそうです。標準は英語ですが日本語の機械翻訳機能もあります。

問合せはKHALIL JEBAWI さんは日本語が堪能なので日本語でも大丈夫だと思います。(たぶん)

 

 

お店情報

名前

VITTI HALAL FOOD PROCESSORS SASAHARA SHOTEN

住所

〒653-0002 兵庫県神戸市長田区六番町8丁目1-13

電話

078-224-0955

Web

http://vittihalalfood.com/

https://www.facebook.com/VittiHalalFood/